HiroNXInterface

概要

HiroNXInterfaceは、双腕ロボットHiroNXを動作させるための機能を提供するHiroNXProviderと、そのフロントエンドとなるHiroNXGUIから構成されます。

HiroNXInterfaceをインストールするコンピュータのオペレーティングシステムとしてはUbuntu 10.04LTSを想定しています。

またHiroNXProviderをインストールするPCとしては、HiroNXに付属し、HiroNXに動作コマンドを送るPC(デフォルトではVisionPCというホスト名を持つ)にインストールすることを想定しています。

ライセンスについて

HiroNXInterface のライセンスは、 LGPL です。

依存ライブラリ

HiroNXInterfaceを動作させるために必要なソフトウェアのバージョンは以下のとおりである。

  • OpenRTM-aist 1.0.0-RELEASE
  • OpenRTM-aist-Java 1.0
  • OpenRTM-aist-Python 1.0
  • Jython 2.2以上
  • Python 2.6
  • python-wxgtk2.8

なお、HiroNXGUIに新たな機能を追加する場合、加えて以下のソフトウェアが必要になる。

  • wxFormBuilder
  • omniidl4

ソースコード(開発リポジトリ)

ダウンロード

本システムの開発時に作成したドキュメント、ソフトウェアは、 OpenRTM-aistのオフィシャルサイト内のページ からダウンロードすることができます。