Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/openrtp/siwiki/programs/plugins/rtc.php on line 52
PortAudioOutput (音声出力RTC)

PAGE TOP

 OpenRTC-aist »

   
Home Task Navi HRI REST_API
コミュニケーション知能モジュールパッケージ OpenHRI >> PortAudioOutput (音声出力RTC)

PortAudioOutput (音声出力RTC)

概要

音声出力デバイスに入力データを渡し、PortAudioライブラリを使用して音声を再生するコンポーネントで、OpenHRIAudioパッケージに含まれます。
PortAudioは移植性の高い音声入出力ライブラリです。 Windows / Mac / Linixで互換性があるコードを書くことができます。
ubuntu9.10以降では、システムの音声入出力にPulseAudioが用いられるようになりました。PortAudioはPulseAudioとの互換性に問題があるため、PulseAudioを用いたコンポーネントを使用してください。
本コンポーネントは、OpenHRIAudioパッケージに含まれます。

"PortAudioOutput", AudioDataIn (TimedOctetSeq) AudioDataOut (TimedOctetSeq)

動作確認OS

  • Linux Ubuntuバージョン 14.04以上を推奨
  • Windows 7以上(Windows10を推奨)

依存ライブラリ

  • OpenRTM-aist : OpenRTM-aist-1.1.2-RELEASE(C++)
  • PortAudio : libportaudio2 v19以上(v18以下では動作しません。開発用にはdevelopment files(portaudio19-dev)が必要です。)

データポート

名前フローポートデータ型説明
AudioDataIn InPortTimedOctetSeq
音声データを入力
AudioDataOut OutPortTimedOctetSeq
再生した音声データを出力

コンフィグレーション

名前データ型デフォルト値設定範囲説明
OutputSampleRate int16000 1以上
再生する音声のサンプリング周波数(Hz)
OutputChannelNumbers int1 1以上
再生する音声データのチャンネル数
OutputSampleByte stringint16 int8,int16,int24,int32
再生する音声のフォーマット(ビット深度)
DelayCount int0 0以上
再生する音声データのディレイカウント

使用例