コミュニケーション知能モジュールパッケージ OpenHRI

概要

コミュニケーション知能モジュールパッケージ OpenHRIは、音声認識・音声合成・対話制御など、ロボットのコミュニケーション機能の実現に必要な各要素を実現するコンポーネント群です。 フリーで利用できる各オープンソースソフトウェアを使い易いコンポーネントとしてまとめたものです。

OpenHRIの詳細につきましては、 旧オフィシャルサイト マニュアル を参照してください。

ライセンスについて

OpenHRIのライセンスは、 Eclipse Public License (EPL) です。

EPLは、コードの改変や再配布、営利利用を許可するオープンソースライセンスですが、場合によっては改変内容をライセンス元に開示する必要があります。 OpenHRIが内部で用いているそれぞれのソフトウェアについては、各自のライセンスに従います。

コンポーネント一覧

OpenHRIAudioパッケージ

OpenHRIAudioパッケージは、マイクから音声信号を取得、環境の雑音除去、音源方向の同定など音響信号処理などのコンポーネント群です。

  • このコンポーネント群のダウンロードは、 <Windows> または <Linux> からお願いいたします。

OpenHRIVoiceパッケージ

OpenHRIVoiceパッケージは、音声認識や音声合成に関する機能のコンポーネント群です。

  • このコンポーネント群のダウンロードは、 <Windows> または <Linux> からお願いいたします。

SEATSATパッケージ

SEATパッケージは、音声対話処理のコンポーネント群です。

  • このコンポーネント群のダウンロードは、 <Windows> または <Linux> からお願いいたします。

その他のコンポーネント

OpenHRIのパッケージには含まれておりませんが、OpenHRIと連携して使うことができるコンポーネントです。

  • ここに示したコンポーネント群のダウンロードは、各コンポーネントの詳細説明のページからお願いいたします。

ダウンロード

OpenHRIに含まれるコンポーネント群のダウンロードは、 オフィシャルサイト からお願いいたします。

開発リポジトリ

OpenHRIのリポジトリは、 GitHub にありますので、最新の開発版をご利用の方は、こちらを参照してください。

OpenHRIのビルド

開発リポジトリからダウンロードしたソースコードからOpenHRIをビルドする方法は、下記を参照してください。

OpenHRIのパッケージインストール

Windowsにはインストーラを、LinuxにはUbuntu用debパッケージを提供しています。 ダウンロード・インストール方法は下記を参照してください。